カードローン審査に自分は通る?

カードローン審査カードローン審査とは、カードローンを利用する上で利用者が避けては通れないの勇逸の壁です。

誰しもが審査を不安に思う気持ちは少なからずあると思います。

これまで携帯や電気代、ガズ代などを滞納した経験はないけど、『カードローン審査に落ちたら』嫌だなーと思うのは誰もが申込の前に思う事ではないでしょうか?

今回は、カードローンの審査にまつわる情報を徹底リサーチしました。

カードローン審査が早いのは消費者金融!

カードローンには大きく分けて2つのカードローンが存在します。

銀行の運営する銀行カードローンと消費者金融の運営するカードローンの二つです。

どちらも極端にサービスが違うという事はありませんが、銀行カードローンは無担保・無保証人で借りれる代わりに保証会社の保証が受けれる事が融資の条件となっている場合が多く、保証会社が必要ない消費者金融と比べると審査が厳しいと言えます。

どちらも基本的には審査基準などは、大きく異なる事はありませんが、審査がどうしても不安という人は、消費者金融のカードローンが審査面では安心して利用できるカードローンと言えます。

他にも特徴として審査の回答が早いカードローンと言えば、消費者金融カードローンは申込日に即日審査結果がわかります!

当サイト厳選!カードローンランキング!

プロミス
プロミス
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間無利息サービスを実施中!!

申込から最短1時間でお金を借りる事ができます。土日祝日でも即日審査を行ってくれる人気のカードローン。

評価
実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分

詳細ページ公式ページ

アコム
アコム
アコムを初めて利用される方は最大30日で金利ゼロでご利用できます。

最低返済額は、月2000円~ の財布にやさしいキャッシングが魅力です。

評価
実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
SMBCモビット
スマホ、パソコンからWEB完結に申込すると職場への電話連絡なしで利用可能。

自宅への郵便なしで家族バレしない!カードローンとして人気です。

評価
実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査

詳細ページ公式ページ

カードローン審査に必要書類は?

カードローンの審査を受ける際に、素早く手続きするには審査の際に提出を求められる書類をあらかじめ準備しておくと素早く手続きする事ができます。

基本的にどこのカードローンに申込しても、必要になるのは下記の二つです。

  • 本人確認書類(運転免許書もしくはパスポート)
  • 直近2カ月の給料明細、もしくは収入証明書。

借入金額によっては所得証明書の提出はなし、本人確認書類だけでカードローンの契約をすることができます。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査は違う?

先ほども多少触れましたが、基本的にカードローンの審査の基準は、カードローン会社によって大きく異なるという事はありません、基本的にはスコアリングという方法を使っているという事で、審査基準を明確に公開している金融機関はありません。

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは投資家向けに公開しているAI情報を見てみても通過率に大きな開きがあります。

大手消費者金融が40~50%程度の審査通過しているのに、銀行のカードローンは30~40%と審査通過率に10%もの差があります。

また、銀行カードローンは2017年に金融庁からの指導をうけ審査のハードルは高くなっています。

カードローン審査の期間はどれぐらい?

カードローンの審査期間は申込したサービスによって異なります。

銀行カードローンを利用した場合、申込から2~3日が、おおよその目安ですが長いものは、約1週間以上必要な事があります。

お急ぎの方は銀行カードローンへの申し込みは断念した方がいいです。

審査スピードに定評のあるカードローンとして、消費者金融のカードローンがあります。

消費者金融系のカードローンは、早いもので申込から30分程度での回答と平日、土日祝日、関係なく申込した日の当日に審査の結果が分かるものが多いです。

大手消費者金融系の場合、銀行グループに属しているカードローンも多く、銀行系カードローンとも呼ばれている、カードローンが企業が公開しているAI情報で確認しても審査通過率が高く人気です。

カードローン審査の際に職場に電話(在籍確認)はある?

カードローンを申し込みすると職場に電話で在籍確認されるのって本当ですか?とよく質問されます。

在籍確認は審査の中でかなり重要な項目とされています。

お金を借りる人が、会社に在籍しているのかを確認するのは、返済能力を確認するという意味でも、お金を貸すカードローン会社からするととても重要なポイントです。

カードローン会社によっては、この在籍確認を必ずしも電話で確認しない、カードローンサービスも存在します。

会社の発行する保険証や給料明細で在籍確認を完結させてくれるカードローンも少なくありません。

在籍確認に抵抗がある、どうしても職場にバレるのを避けたい場合は、そういったカードローンサービスを選択すると勤務先への電話を回避することができます。

カードローン審査の基準は何?

カードローンの審査に通るためには、審査の過程を理解しておく事が大切です。具体的にカードローン審査は以下のような事が行われます。

  • 申し込みの内容の確認
  • 申し込みの内容に基づいた審査
  • 個人信用情報のチェック
  • 審査結果の回答

カードローン会社が第一に行う審査は、申込者の入力した申込内容のチェックです。

申込内容のチェックは、重要度が高く、多くの場合にはこの段階でふるいに掛けられます。つまりこの時点で審査に落ちている人は非常に多くいます。

具体的には、収入や職業、年齢、家族構成、既婚・独身などの項目が審査の重要なポイントですが。

申込内容の入力ミスなどで審査落ちする人も少なくない為、申し込みの際に入力ミスがないかをよく確認するように注意しましょう。

申込内容を確認した上、申し込み内容に「嘘・誤り」がないのかを確認が行われます。

身分証明書に書かれた現住所と申込内容の現住所に誤りがないか。お勤め先への在籍確認などもこの時に行われます。

ここまで行われ融資を実行できそうな方だと判断すると信用情報の確認が行われます。

信用情報機関の回答を確認して問題がないと判断した方が審査に通過してカードローンを利用することができます。

ローンの中では審査の敷居の低いカードローン

ここまではカードローンの審査の流れを大まかに説明いましたが、基本的にアルバイトであってもカードローン審査には通過することが可能です。

カードローンの申込み条件は、ローンの中では、比較的、誰にでも利用できる設定が行われています。具体的な申込条件は下記になります。

  • 20歳以上69歳未満
  • 毎月安定した収入がある方!

ここでいう、安定した収入とは毎月3万円~5万円あれば十分安定した収入として認められます。

毎月アルバイトをしていて他にお金を借りていない人であれば、カードローン審査を不安に思う事はありません。

どうしたら審査に合格しやすくなるの?

それでは、次に具体的にどうしたら審査に合格しやすくなるのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

ただし、収入や職業、家族構成などについては簡単に変えられるものでないため、ここでは記載しません。

  1. 他社からの借入は可能な限り整理する
  2. 勤続年数を積む
  3. 返済実績を積む

他社からの借入は可能な限り整理する

審査の合格を目指す上で大切なポイントはいくつかありますが、現在のカードローン業界において最も重視されている可能性が高いのは、他社借入の有無です。

これは、融資する側のカードローン会社が、返済の遅滞および自己破産等による返済不能の状況に陥ることが最大のリスクと考えているため、複数の会社から借入を行うという人への融資はできれば避けたいとしているからです。

ですので、他のカードローン会社から借入をしているという方は、申し込みを行う前に整理をしておくことが望ましいと言えます。

勤続年数を積む

カードローン会社は申込者の現在の収入や職業よりも将来的な安定性などを重視している側面があるため、1つの企業にしっかりと長く勤めているかもポイントとなります。

判断の基準は会社ごとに異なるので一概に「何年」と言うことはできませんが、概ね1年間以上の勤続年数があると評価としてはプラスになることが多いとされています。

逆にコロコロと勤め先を変えており、現在の勤続が半年以下といったような場合には、マイナスの評価となることもあります。

返済実績を積む

借入や遅滞だけでなく返済の実績も信用情報として登録されています。

この返済実績も重要なポイントであり、借入回数が多くとも毎回期日までにしっかりと返済している人というのは、評価としては高くなります。

ですので、返済の実績を積んでおくことも審査に合格するためのコツの1つと言えます。

カードローン審査のQ&A

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンの審査は厳しいです。

警察のデータベースへの照会等も今後導入される事になる為、年収や他社借り入れがある場合は、申込を避けた方がいいでしょう。

楽天銀行やイオン銀行、みずほ銀行といった銀行のカードローンはそれに該当するので注意してください。

銀行カードローンの場合は口座の開設は必須ですか?

楽天銀行やイオン銀行といったカードローンの場合、口座の開設は不要と書いているところも多いですが、実際になくてもカードローンの利用は可能ですが、あった方が審査が早かったり振込での融資の際に便利だったりします。

普段利用いてない口座を引き落としに設定していると延滞のきっかけになります。

引き落とし口座はある程度普段利用している口座をご利用ください。

銀行カードローンは年収の制限なくお金を借りれるってホント?

これまで銀行カードローンは総量規制外で運営されており、貸金業法の影響を受けない融資を行っていましたが、2017年の初旬に金融庁から指導をうけ、今では消費者金融同様に総量規制の制限を自主的に導入しています。

そのため、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンでは大きな違いとして審査難易度があげられます。

土日でも審査の回答はある?

土日や祝日にカードローンの審査の回答がほしい人は消費者金融のカードローンを選ぶといいです。

土日祝日も平日同様に審査を行っており、融資も即日受け取ることができます。

主婦でもカードローンで融資が受けられない?

主婦の方でも、パートで毎月安定した収入がある方であれば借入は可能です。

専業主婦の方でも配偶者の方の同意書がある場合はカードローンからお金を借りる事もできる可能性がありますが、基本的には仕事をしてない人からの申し込みは審査通過はできません。

今日お金が借りたい場合はどこがおすすめ?

今日お金を借りたい場合は、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

銀行のカードローンは即日融資に対応してない為、お急ぎの方には大手消費者金融をおすすめします。

運転免許書だけでカードローンの審査は通るの?

カードローンの中には一定の限度額の利用の範囲なら、運転免許書だけで借り入れ可能です。

申込する際の利用限度額の希望を50万円以内活、他の借り入れ限度額が100万円超にならないように申込すると審査の際に運転免許書だけでも審査を通る事ができます。