カードローン審査に関するコラム

カードローン審査の必要書類とは?

カードローン審査に必要な書類を前もって揃えておくと、おろおろする事がありません。

そしてカードローンごとに審査の必要書類が違います。本人確認資料は必ず必要な書類になります。

収入証明書の書類の提出は各社、異なります。メールアドレスは審査申込み方法や会社やカードローンサービスよりまちまちです。

必要書類以外にも条件や金利なども比較していきます。

キャッシング審査の必要書類の箇条書き

主な必要書類は3点です。

  1. 本人確認書類は必須
  2. 金額により収入証明書
  3. 申込方法によりメールアドレス

上記の3点の必要書類以外に、保険証の情報が必要になるケースがあります。

カードローン審査の必要書類-SMBCモビットの場合

収入証明書 実質年率 バイトや自営業
申込種類による 3.0%~18.0% 申込可※

※安定した収入のある方

SMBCモビットは、平日14:50まで電話や会員メニューから振込予約を入れると約3分で送金をしてくれます。

カード申込と、WEB完結という2つの申込方法があります。申込みタイプで審査に必要な書類が変わりますので、申込種類が決まったら公式サイトで確認して下さい。

◎→SMBCモビットの詳細はこちら

カードローン審査の必要書類-プロミスの場合

収入証明書 実質年率 キャッシング
借入金額と合算による 4.5~17.8% 即日可

プロミスは即日キャッシングの可能性が高くおすすめです。

平日14時までWEB契約完了が必要ですが、即日振込みが可能です。自動契約機なら営業時間内であればいつでもOK。

是非、上記時間内の申込をおすすめします。審査診断も受けてみてください。

◎→プロミスの詳細はこちら

カードローン審査の必要書類-アコムの場合

収入証明書 実質年率 キャッシング
借入金額と合算による 3.0%~18.0% 即日可

アコムなら必要書類をFAXでも遅れるから、機械オンチでも簡単に書類の提出ができます。

来店派は、むじんくんへ、ネット派はインターネットで契約すれば当日中のキャッシングが見えてきます。

平日14時まで振込み依頼をかけるとカードが手元に届いていなくてもOK!

土日の場合は、ネットで申込後、むじんくんへ来店するとキャッシングがスムーズに受けられます。

◎→アコムの詳細はこちら

カードローン審査の必要書類の総括

カードローンの必要書類にそれ程の大きな違いはありません。

金額や他社合算や個人以外の事業主などの理由で多少増えたり減ったりする程度です。

担保や保証人は不要ですし、保証料金もかかりません。

ただ、必要以上に書類を提出すると何かしら恩恵が受けられる場合もあります。

必要書類を増やす事で、手続きの流れの省略化を打ち出している会社も存在します。