キャッシング神奈川で人気のカードは?

神奈川でキャッシングカードが発行できる店舗案内です。

キャッシングは使い方次第でとてもお得な有効活用ができます。あなたのお気に入りなキャッシングを見つけてください。

神奈川の方には、PC・スマホからWEB完結をすると会社の確認電話が省略されるSMBCモビットがおすすめです。会社の電話確認が省略されるため審査の時間が短くなりキャッシングまでスピーディ!

スピーディな来店契約とWEB契約

来店かネットで契約!

ネットから事前にお申込み後、店舗で契約をするとカードがすぐに発行されます。スピーディな契約は、来店契約とWEB契約です。ネットから契約すると、当日振込キャッシングが可能!

◎詳細はこちら→プロミス

平日14時までWEB契約完了で当日振込キャッシングができます。

プロミス神奈川の自動契約機の一覧

プロミスの詳細はこちら

むじんくんですぐにカード発行可!

最短1時間で融資OK!

スマートフォン・インターネットからお申込み後、むじんくんへ来店すると最短1時間でカード発行が可能です。最大で24時間営業のアコムATMからすぐにキャッシングができます。

◎詳細はこちら→アコム

借入が可能かすぐわかる3秒診断が便利です。

アコム神奈川の自動契約機(むじんくん)の一覧

アコムの詳細はコチラ

当サイトでおすすめしている、キャッシングの詳細はこちらの記事で紹介しています。気になる方はチェックしてください。

https://xn--lck0c6eya6bc8308ekgua.nagoya/repo/osusume-casi/

神奈川でお金を借りるなら地銀カードローンがおすすめ

神奈川県に住む人がお金を借りる際、「横浜銀行」や「神奈川銀行」などの地銀カードローンを選択肢に入れてみてもよいかもしれません。
確かに大手のキャッシングは至れり尽くせりのサービスが充実しており非常に魅力ですが、地銀のカードローンならではの魅力がたくさんあります。

例えば、営業区域が指定されていることから、地銀に口座を持つ人は住んでいる場所から最寄りの支店までの距離は近いということが多く、何か分からないことを相談したいというときに「相談できる窓口が近くにある」という利便性は大きいといえるでしょう。

大手メガバンクの支店は全国に網羅しなければならず、同一市区町村に多くの支店を置くことができません。

そのため、地銀の様に「地元であれば支店がそこらじゅうにある」という地域密着性がないため、こうした点で地方銀行のメリットには敵わない場合もあります。地銀のカードローンの魅力はまだ他にもあり、それは低金利という点です。

誰もが知る大手キャッシングのアコムやプロミスなどは、消費者金融であるため、その業界水準の金利設定となっています。

アコムの上限金利は18.0%、プロミスでも17.8%という設定であり、これに対して地銀カードローンの金利水準は15%未満であることが多いのです。返済期間が長ければ長いほど、この金利の差による影響を受けることになります。

利息ひとつとっても、メリットの大きい地銀カードローンですが、このページでは、神奈川で利用できる地銀カードローンを紹介しています。

横浜銀行の住宅ローンを利用している人は横浜銀行カードローンがおすすめ

横浜銀行には、収入証明不要で最短即日で借り入れが可能な「横浜銀行カードローン」や、通常のキャッシュカードにローン機能を付加することにより利用できる「バンクカードローン」の2種類があります。

「バンクカードローン」には、さらに「住宅ローン利用者専用のプラン」があります。
一般的に、「住宅ローン利用者専用の地銀カードローン」というと、金利の面で優遇措置があると言われていますが、金利を見てみると、50万円借入時の利率は「11.5%」と設定されており、確かに通常の(住宅ローン利用者ではない人が対象の)バンクカードよりは優遇されていますが、地銀カードローンにおける住宅ローン利用者優遇金利の相場よりは若干高い印象があります。

例えば、同じく神奈川の地銀である「神奈川銀行」が提供する「住宅サポートカードローン」は、固定金利6%と、同じ様に「住宅ローン利用者専用」でありながら、金利優遇に大きな差がでます。

ただし、このカードローン金利優遇を基準に住宅ローンを選択する人は少ないと思いますので、あくまでご自身の状況にあったカードローンを選択することが大切ではないでしょうか。

各メリットのバランスを考えると、もし横浜銀行に口座を持っていてカードローンをどこかで契約することを検討しているのであれば、毎月2,000円から返済できて、利用出来るコンビニATMも豊富な「横浜銀行カードローン」がお勧めです。

◎⇒横浜銀行のカードローンの詳細はこちら

コンビニやゆうちょ銀行などでも使える!横浜信用信用金庫のカードローン!

地域の人には「よこしん」と略して親しまれており、横浜市内に唯一本店を有する信用金庫となっています。

横浜信用金庫は、本業以外でも地元横浜の価値を高め、発展させていくことを目的に「横浜ジェリービーンズ倶楽部」というプロジェクトチームを組織して、横浜のマーケティングを実践しています。

主な活動は、地域情報誌の発行や横浜各所でのコンサートの開催等で、「横浜ジェリービーンズ倶楽部」の活動は、横浜観光プロモーションの認定事業にもなっています。

横浜信用金庫のカードローンでは、「ライフワンカード」があります。
ライフサイクルに合わせてローン極度額を10万円、30万円、50万円、70万円の4つのタイプから選択することができます。金利は14.5%で横浜信用金庫の営業地域内に住居、勤務している方が条件のカードローンサービスです。
審査の申し込みはインターネットかFAXから簡単に申し込みができます。FAXで申込をする場合は、横浜信用金庫のホームページから申込用紙をダウンロードして印刷する必要があります。仮審査に通過したら、本契約の時は店舗に行って、直接契約を行います。

また、全国の信用金庫、銀行等提携金融機関をはじめゆうちょ銀行やローソン、ファミリーマート等コンビニエンスストアのATMで利用できるので、急なときにでも使うことができるので、非常に便利でおすすめです。

◎⇒横浜信用金庫のカードローンの詳細

ポイントプログラムやエコな金融商品に積極的な川崎信用金庫

信用金庫では珍しく、川崎信用金庫ではポイントプログラムを実施しており、取引に応じてポイントが付与され、ポイントの合計数に応じて川崎信用金庫のATM時間外手数料無料サービスや、ローンの利率の3段階で引き下げ、外貨定期預金におけるアメリカドルやユーロの為替手数料の引き下げに、提携サービスなどが受けられます。

また、川崎信用金庫では環境への取り組みにも熱心で、環境配慮型定期預金や環境配慮型経営支援融資制度などを取り扱っています。文化の面でも川崎信用金庫はサポートを惜しみません。

川崎市内の小学5、6年生を対象にした作文と絵画のコンクール「川崎ジュニア文化賞」を運営しています。そんな川崎信用金庫には「カードローン」と「大型カードローン」の2種類のカードローンがあります。

「カードローン」の限度額は30万円、50万円、100万円の3コースが用意されており、返済額も異なります。気になる金利は、限度額30万円と50万円は年14.6%、100万円は年13.9%の固定金利です。「大型カードローン」は、限度額が200万円と300万円の2コースがあるゆとりのカードローンです。

別名「かわしん住まいるカードローン」という名前からわかるように、川崎信用金庫の住宅ローンを利用している方しか申し込めない上に、年収が300万円以上ないといけません。しかし、それだけに金利は非常に魅力的で、200万円コースは年7%、300万円コースは年6%の変動金利です。

地域プレゼンスの向上により信頼される銀行を目指す、神奈川銀行

神奈川銀行の略称は「かなぎん」。地域に信頼され地域と共に発展をしていくことを目指す、横浜市に本店を置く第二地方銀行です。
豊富で質の高い金融商品を提供するだけではなく、人材育成や既存の店舗の機能・サービスの強化など「地域プレゼンスの向上」を行うことも重要視しています。

インターシップの受け入れや中小企業を中心としたビジネスマッチングなども行っている神奈川銀行。
お客様が安全に安心して神奈川銀行を来店していただける様に、全店にAEDを設置し行員への取り扱い講習も実施ししてます。サービスの充実も大切にしている神奈川銀行にはカードローンでも「マイサポート」・「かなぎんマイポケット」・「住宅サポートカードローン」と豊富なラインナップがあります。

ネットから申し込み可能な便利さと最大でも11%程度の低金利が魅力の「マイサポート」。神奈川銀行と取引が無くても申し込み可能ですが、指定された取引を行っている方には金利引き下げの特典が。

最大で4%も引き下げとなるので神奈川銀行を普段から利用されている方にはお得なカードローンです。限度額最大30万円でパートナーに安定した収入があれば専業主婦の方も申込可能なのが「かなぎんマイポケット」。
限度額は少なく感じますが30万円もあれば日頃のちょっとしたピンチには充分です。

神奈川銀行で住宅ローンを契約されているなら「住宅サポートカードローン」をどうぞ。使いみちは自由(事業性資金は除く)で限度額200万円。6%の固定金利も大きな魅力です。

神奈川銀行のスピードローンについて

今必要なニーズにしっかり応える『神奈川銀行』

神奈川銀行は、派手さは無いながらも堅実で、今のニーズに即したサービスを展開する銀行です。

その証拠に、今増えているシニアをターゲットにしたシニア向けの『かなぎんシニアスーパーローン』や『かなぎんリバースモーゲージローン』や、ソーラーパネルの設備やオール電化設備の導入などの費用向けの『エコライフローン』など、現代に求められているローンサービスを提供しています。

更に、納税に備えるための預金『納税準備預金』というのがあり、この利息は非課税になるという特典があります。節税をしたいという人にとっては、とても嬉しいサービスです。

そんなお客のニーズに応える神奈川銀行のオススメのローンプランが、これからご紹介する『スピードローン』プランです。

カードローンの申込資格

  • 年齢が申込時満20歳以上、かつ完済時満70歳以下の方。
  • 前年度の年収が180万円以上の方。
  • お勤めの方は、勤続年数が現勤務先で1年以上の方。
  • 自営業の方は、営業年数が現職業で2年以上の方。
  • 現住所に1年以上お住まいの方。
  • 当行の営業区域内に居住または勤務している方。
  • (株)かんそうしんの保証を受けられる方。

安心金利で、借り入れ資格も優しい!『スピードローン』

急な出費で困っている方に便利なのが、200万円まで無担保で借りることができる『スピードローン』です。

まず注目すべきは、借り入れに必要な資格の低さです。前年度の年収が180万円以上の方とかなり低めに設定されていますし、現在の勤務先での勤めている年数は1年以上の方と短めになっていますので、気軽に誰でも申し込める程度の条件になっています。

金利は固定となっていて、限度額に関係無く9.0%となっています。これは最大200万円までのフリーローン、そして審査のハードルの低さを考えるとかなり良い金利となっています。神奈川銀行との取引状況によっては、そこから更に金利を下げることもできます。

銀行口座への給与振り込みや、公共料金の支払いなどの条件を満たせば、金利が最大1.0%も優遇されます!つまり、9.0%ではなく8.0%の金利でスピードローンを利用できるという訳なんです。

もしフリーローンの利用を考えているのなら、この機会にメインの銀行を神奈川銀行にすると良いでしょう。返済期限の長さも魅力です。返済期間は最大5年までとなっているので、計画的に少しずつ、収入が少ない方でも無理せずに返していくことができます。融資限度額は、最低10万円から200万円まで1万円刻みとなっています。

「少額で良いからすぐに借りたい!」という方には、この『スピードローン』はオススメのローンプランです。インターネットや郵送では申込みができませんので、一度相談したいという方は窓口に訪れてみてはいかがでしょうか?もしカードローンを考えているのなら、100万円までが限度額の『マイサポート』もしくは30万円までが限度額の『かなぎんマイポケット』が良いでしょう。

『スピードローン』のポイントまとめ

スピードローンは、ハードルの低さ、金利の優しさが魅力のフリーローンです。

  • 資格は180万円以上の年収、勤続年数1年以上と優しい
  • 金利は固定の9.0%で安心!
  • 取引状況を増やせば最大1.0%金利を下げられる
  • 返済期間も長く、無理せず返済できる
  • 借り入れ限度額は最大200万円まで

地銀最高スペックのカードローンを擁する、横浜銀行

横浜銀行は、神奈川県横浜市中区に本店を置く、日本最大の総資産額を誇る地方銀行です。横浜DeNAベイスターズ戦が負け越すと相手チームには「貯金」となるため、チームが負けることを「横浜銀行」などと揶揄されることもありますが、もちろん銀行の横浜銀行とは何の関係もありません。

地域への影響力も大きいため、CSR活動にも非常に熱心です。障害のある子どもの支援を目的に「横浜YMCAインターナショナル・チャリティーラン」の運営に携わったり、横浜DeNAベイスターズ戦に毎年児童福祉施設の子供たちを招待したりしており、ここでは野球との関係があります。
横浜銀行では、紙の通帳を発行しない「マイスマート通帳」のサービスを行なっており、削減できた紙資源額の一部を使って植樹も行なっております。

横浜銀行では「横浜銀行カードローン」「横浜バンクカード」「教育ローン(カードローン型)」の3種類のカードローン商品を提供しています。「横浜銀行カードローン」は、何といっても年1.9%から14.6%の低金利、そして10万円から1000万円まであるゆとりの限度額が自慢で、地銀トップクラスです。
「横浜バンクカード」は、1枚にクレカ、キャッシュカード、デビットカード、そしてローンカードの4つの機能を併せ持った便利なカードで、必要なその都度借り入れられるのはもちろん、万が一の自動融資機能もあります。

「教育ローン(カードローン型)」は、神奈川県だけでなく東京の方でも申し込みOKで、最短で1週間程度でお金を借りることが出来ます。

神奈川「TRIバンク」のひとつである平塚信用金庫

神奈川県平塚市を拠点に、約28店舗ほどの支店をもつ「平塚信用金庫」は、神奈川県を中心に「TRI bank(トライバンク)」と称したネットワークで、「かながわ信用金庫」「さがみの信用金庫」の、3つの信用金庫で業務提携しており、営業エリアである平塚市とその周辺だけでなく、神奈川県の広範囲に渡り、地域密着型の金融機関として、金融業務以外での活動にも力を注いでいます。

例えば、「次世代育成支援対策推進法」に基いた「一般事業主行動計画」として、子育て支援への取り組みも実施しており、平成27年度~平成31年度までの、5年間の計画期間中に「女性職員の育児休業取得率90%以上とする」など、具体的な目標を掲げていることも評価されています。

この通称「ひらしん」が取り扱うカードローンは、信用金庫おなじみの「きゃっする」シリーズを含め、4種類のカードローンを取り扱っています。
平塚信用金庫が発行するカードローンとしては、「裕遊族」が、「しんきん保証」が保証するタイプと、「三菱UFJニコス」が保証するタイプとで、2種類あるほか、信金ギャランティが保証するカードローンとして、「しんきんきゃっする」と「シニアきゃっする」の2つがあります。

「裕遊族(しんきん保証タイプ)」は、限度額が「10万円~100万円の範囲内であれば10万円単位」で希望することができるタイプで、基本的には、「ひらしん」の営業エリア内に住所か勤務地があり、一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けられる20歳~65歳の方であれば、パートやアルバイトでも申込みが可能なカードローンで、気軽に利用できることから人気です。

また、「きゃっする」シリーズは、ホームページや携帯電話からの申込みや仮審査が可能なことから、インターネット利用者にとっては申込みがしやすく、非常にスピーディな審査対応が好評となっています。

神奈川県の広範囲をカバーし「まちにいい風」でおなじみの湘南信用金庫

神奈川県横須賀市に拠点を置き、47店舗を展開する湘南信用金庫は、理事長の独自経営でその名が広く知れ渡る、比較的規模の大きな信用金庫のひとつで、横須賀市に限らず、神奈川県全域を営業エリアとしています。
個人向けローン商品としては、インターネット申込専用のWeb奨学カードローン「さくら」が、よく利用されている様です。特徴的なのは、在学中は金利のみの支払いでよいとされており、卒業後に元本を返済していくタイプである点です。

もちろん、湘南信用金庫は他にもカードローン商品があります。信金ギャランティ株式会社が保証する「湘南しんきんカードローンきゃっする500」のほか、しんきん保証基金の保証を付ける「カードローン(セットプラン)」の2種類です。湘南信用金庫に口座を持っている方は是非利用していただきたいのが、「湘南しんきんカードローンきゃっする500」です。限度額は最高500万円で、借入額残高が30万円以下であれば毎月5,000円の返済で、余裕をもった借りたお金の返済ができます。

使用用途は(事業性の用途を除いて)自由なので、日々の生活のなかで困ったときのために作っておくというのも、便利な使い方です。もし、「カードローンきゃっする500」を利用したいと思った方は、インターネットからの申込みの他、携帯電話やFAX、店頭窓口でも申込みが可能ですので、もし「自分は申込みできるのか」という不安があれば、店頭窓口や電話にて相談してみるとよいでしょう。

利息より高い銀行の振込手数料

銀行振込よりキャッシングがお得!

銀行の振込手数料は高いですよね。3万円以上を他の銀行から振込すると630円から840円もかかります。キャッシング会社に振込を代わってもらうと手数料がかかりません。

振込名義を自由に指定することができます。振込先の方にはどこから送金されたかわかりません。

たとえば毎月かかる家賃5万円を他の銀行から振込すると1年で7,560円も手数料がかかります。5万円をキャッシングして振込代行をした場合、借りた翌日に返済すると24円です。

1年で288円!!7,272円も節約できました!

月2回、他の銀行に振込をすると1年間の振込手数料は14,544円です。この金額は10万円を10カ月間、キャッシングした利息とほぼ同じです。振込手数料は本当に高いですね。

振込代行のサービスを提供しているのはプロミスです。無利息サービスを利用するとサービス期間中は利息0円で振込の代行をしてくれます。
※プロミスの無利息サービスの利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


詳細はこちら  プロミス